靴 プライベートブランド PB【ヒロエ・シューズ】合財袋 合切袋  サンダルからブーツまで、セメント製法からプラット製法まで、 20.5pから26cmまでと幅広いニーズを少ロット生産にて対応しています。

ヒロエ・シューズ独自ブランド「駄目睦(だめむつ)の本革合財袋」

合財袋の言われ

合切袋とも書きます。

携行品を一切合財入れる為の袋の意味で合財袋という名前が付いたものです。江戸時代からありますが、明治時代に女性のハンドバッグとして生まれ変わり現在も江戸の味わいを残したまま綿々と続いている口を絞って使うタイプの袋です。現代では「信玄袋」「巾着袋」とほとんど同じ意味で使われています。

合財袋の用途

 バッグとか鞄あるいは頭陀袋や本来の信玄袋ほどまでは大きくなく、外出に携行する小物入れとして便利な袋が合財袋です。
大型の携帯ポケット的使い方が出来る袋です。携帯電話やお財布、タバコ入れ、めがね入れとして、またお化粧ポーチ代わりにも。
浴衣の装いやちょっとした外出にピッタリで、和装小物入れの定番とも言えますが、和風に限らず洋風にも、フォーマルにもカジュアルなファッションにも合うようにとヒロエシューズでは合財袋をデザインしています。女性男性の区別なくお持ちいただけるのも特徴です。


駄目睦合財袋の特徴

写真A

素材には天然皮革を用います。 袋の作り方としては、二枚の革を縫い合わせた作りになっています。ただ、二枚の革の柄の組み合わせがあります。

プリント柄を使う場合は、二枚とも同じ柄の革を使います。押し型柄の革を二枚とも使うものもあります。

型押しと天然皮革地模様のケースは、一枚は革の表面そのものの模様を活かして使われ(写真A右) 、またもう一枚は革の表面に型押しをし模様を浮かび上がらせています(写真A左)。少し離れて見た場合、合財袋の色はパッと見同じように見えるのですが、近づけば片側づつの柄が違うことに気付くデザインになっています。


 また紐を通す部材(コキと言います)にもちょっとした特徴があります。コキの釘を打ち込む穴が、ヒロエシューズの合財袋には二箇所あり、コキ一個一個を二本の釘で留めていますから(写真B)、通常よりも壊れにくく長く使っていただけるように作られています。

写真B

写真C

 また裏材(袋の裏地)には和柄の華やかな織物を使っています(写真C)。ちょっと袋の口元を開けたときにチラッと見た方の目に入る粋な作りで、この点が単なる革袋(皮袋)と合財袋との大きな違いになっています。 


更に一点一点が全て手作業で作られていますから、ヒロエシューズが製造販売する合財袋に同じ物は一つとしてありません。手間をかけて一点一点作る駄目睦合財袋は安心してお客様だけのオンリーワンの合財袋としてお持ちいただけます。


合財袋の素材 天然皮革。牛革・豚革・羊革などを使います。
合財袋のサイズ 25.5cm×19.5cm
合財袋の値段 12000円

作製事例  |   商品化までの流れ  |   靴のパーツ名称  |   靴の製造工程(靴が出来るまで)  |   靴職人の道具 |  靴の街浅草の紹介 |  合財袋
HOME  |   会社概要  |   お取引方法  |   お問い合せ  |   用語集